コツコツドカン対策。〔メンタル編〕

FXで大損することに対する恐れが全くない状態で、通貨ペアのポジを保有して、即効で損切り注文をいれることができることと、損切り注文よりも前に自分の意思で損切りをしないことと、3PIPS~5PIPSで利確せず25PIPS~130PIPSで利確することと、FX取引の勝率を4割後半程度にすることの4つの全てが達成できれば、コツコツドカンで、己の日本のFX口座残高を減らすことや、己の海外FX口座残高を減らすこともなくなります。それと、どうしても、コツコツドカンでお金を減らすことがいやなひとは、飲食店のバイトでためた200万円をFX投資に使わず、海外FX業者のXMが配布しているXM口座開設ボーナス3000円をFX投資資金として使うようにしよう。

FX取引におけるコツコツドカン対策。〔メンタル編〕

FX取引におけるコツコツドカン対策をしたい人が持つべきメンタルは、損失がわずかしかないときに通貨ペアのポジションをロスカットした自分をほめることと、コツコツドカンで大損した後にお金を取り戻すという考えを持たないことと、微益で満足するメンタル状態にならないことと、スプレッド分の損失を許容できるようになることと、FX取引で3000円の利益が出たことに満足することと、FX取引の収益だけで生活がしたいと思わないことと、10PIPSくらい取れるだろという軽い気持ちを持たないこと、爆益がほしいと強く願うことをやめることと、うつ状態で人生に何一つ希望が持てないときはFX取引をしないことと、コツコツドカンを体験したことは自分に必要な経験であると捉えることなどがあります。

損失がわずかしかないときに通貨ペアのポジションをロスカットした自分をほめること

損失がわずかしかないと、どうせ少し放置しておけば、通貨ペアの含み損額が0になるだろうと思い、通貨ペアのポジションをロスカットできなくなります。これから脱却するには、損失がわずかしかないときに通貨ペアのポジションをロスカットした自分をほめることを習慣にするようにすれば良い。

コツコツドカンで大損した後にお金を取り戻すという考えを持たないこと

コツコツドカンで25万円大損した後、海外FX口座でフルレバトレードが上手くいかず、再度30万円のお金を失うということを回避したいのであれば、コツコツドカンで大損したお金を一日で取り返すのは無理、コツコツドカンで大損したお金のことは自分の頭から完全にデリートしようという考えを持つようにすればいい。

微益で満足するメンタル状態にならないこと

微益で満足するメンタル状態になると、自分の通貨ペアポジションの微々たる利益に満足するようになり、たった含み益10PIPSの通貨ペアのポジションを決済するようにもなります。それと比較して、微益では絶対に満足できるもんかというメンタル状態になると、自分の通貨ペアポジションに100PIPS以上にならない限りは、自分の通貨ペアポジションを決済しなくなります。これら二つの事例から出た結論は、コツコツドカンを防ぐために必須の遅い利益確定を身に着けるには、微益では絶対に満足できるもんかというメンタル状態になるしかない。

スプレッド分の損失を許容できるようになること

スプレッド分の損失を許容できるようになると、スプレッド分の損失がある通貨ペアポジションをサクッと損切りできるようになり、通貨ペアポジションに200PIPSの含み損がのっかることがなくなります。これさえできさえすれば、コツコツドカンで大ダメージを食らうことなんてなくなるのにとおもっても、スプレッド分の損失を許容できずにコツコツドカンを繰り返してしまうのが人間なんですよね。

FX取引で3000円の利益が出たことに満足すること

FX取引で3000円の利益が出たことに満足できるくらい欲がない人は、ドカンと損失を出す要因になる大きいロット数で通貨ペアポジションを持たず、コツンと損失を出す要因になる小さいロット数で通貨ペアポジションを持つことが当たり前になります。それと比較して、FX取引で3000円の利益がでたことに全く満足できない人は、ドカンと損失を出す要因になる大きいロット数で通貨ペアポジションを持つようになり、ドカンと損失を出す要因になる大きいロット数で通貨ペアポジションを持つことが当たり前になります。

FX取引の収益だけで生活がしたいと思わないこと

FX取引の収益だけで生活したいと思っていない人は、退場確率を下げるために、150万円の投資資金があると、ロットは最大2ロットまで、損切りは20PIPS以内の三つのルールを守っています。それと比較して、FX取引の収益だけで生活したいと思っている人は、退場確率を下げるとかいうことを考えずに、30ロット,40ロットでFX取引をしています。これらの二つの事例からでた答えは、FX取引での退場率を下げたいと考えている人は、FX取引の収益だけで生活がしたいと思わないことだね。

10PIPSくらい取れるだろという軽い気持ちを持たないこと

10PIPSくらいとれるだろという軽い気持ちを持っている人は、余計なところで通貨ペアポジションを保有してしまい、トレードチャンスで通貨ペアポジションを保有することができなくなってしまいます。それと比較して、10PIPSくらいとれるだろという軽い気持ちを持っていない人は、余計なところで通貨ペアポジションを保有することもないし、トレードチャンスで通貨ペアポジションを保有するようになります。これらの二つの事例からでた結論は、FXトレードチャンスで爆益をだしたいなら、10PIPSくらい取れるだろという軽い気持ちを持たないこと。

爆益がほしいと強く願うことをやめること

爆益がほしいと強く願うことをやめることで、3万円を稼ぎたい欲求で通貨ペアをポジるという愚かなことをしなくなるし、今日一日FX取引で1円も儲けられないことが当たり前になるし、一ヶ月で5万円の利益しかなくても5万円の利益が少なすぎると思わなくなるので、コツコツドカンを繰り返している人は、爆益がほしいと強く願うことをやめるようにしましょう。

うつ状態で人生に何一つ希望が持てないときはFX取引をしないこと

うつ状態で人生に何一つ希望が持てないときはFX取引をすると、保有している通貨ペアのポジションの含み損が60PIPSを超えても、保有している通貨ペアのポジションを損切りすることができず、保有している通貨ペアのポジションの含み損が150PIPSを超えたところで、保有している通貨ペアのポジションを損切りするようになります。この悲惨な目に合いたくない人は、うつ状態で人生に何一つ希望が持てないときはFX取引をしないこと。

コツコツドカンを体験したことは自分に必要な経験であると捉えること

コツコツドカンを体験した経験があれば、コツコツドカンにならないために必要なことが何であるのか?を知ることができるので、コツコツドカンを食らうのも悪いものではない。

XM口座開設はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする