XMの取引時間について。

XM口座の取引時間を知らないかったりすると、週末に通貨ペア[ドル円、ユーロ円、ポンド円]のポジションを持ちこしてしまったり、通貨ペアの取引ができることをしらずに通貨ペア取引で利益を出す機会を逃してしまったりすることがあるので、XM口座を使う機会が多い人は、XMの取引時間を把握しておくようにしましょう。今回は、XMの取引時間について、詳しく説明しています。

XMの取引時間情報、夏時間、冬時間って何?

XM口座における、夏時間がいつから施行されるのか?や、夏時間だと何時~何時までFX取引をすることができるのか?ということや、冬時間がいつから施行されるのか?や冬時間だと何時~何時までFX取引をすることができるのか?ということを知っていれば、XM口座で大きなトラブルに巻き込まれることが減るし、XM口座で損失を出す回数が大きく減り、XM口座で利益を出す回数が大きく増えます。

1.XMにおける夏時間とは?

XM口座における夏時間とは、3月25日午前1時から始まり、10月28日の午前1時に終わりを迎えますし、サマータイム中のXM口座でのFX取引時間は、月曜日の午前6時5分から始まり、土曜日の午前5時50分で終わりを迎える使用となっています。このXMの取引時間情報からわかることは、サマータイムが始まれば、朝6時からスキャルピング取引で利益を出すことができるし、通貨ペアポジションの持ち越しを避けたい人は土曜日の朝5時までには自分の通貨ポジションを決済しておこう。

2.XMにおける冬時間とは?

XM口座における冬時間とは、10月28日午前1時からスタートして、3月25日の午前1時に終わりを迎えます。冬時間中のXM口座でのFX取引時間は月曜日の午前7時5分から始まり、土曜日の午前6時50分までFX取引をすることができます。このXMの取引時間情報から得られる情報は、冬時間が始まれば、月曜日の朝7時に、金曜日に持ち越したポジションを決済することができるし、土曜日の午前、6時49分までに、自分の通貨ペアポジションを決済しておけば、土日に通貨ペアのポジションの持ち越しをしなくてもすみます。

XMにおけるゴールデンウイークの取引時間とは?

ゴールデンウイークは誰とも遊ばずに、ゴールデンウイーク中はXM口座でFX取引をしまくるぞという強い志をもっているFXトレーダーに朗報です。なんと、ゴールデンウイーク中は、XMの夏時間が適用され、月曜日の朝6時5分からFX取引をすることができ、土曜日の午前5時50分までFX取引をすることが可能なので、ゴールデンウイークというお休みムードの中でFX取引でお金を稼ぐことができちゃいます。また、ゴールデンウイーク中も、普段同様、土日は、FX取引をすることはできないし、ゴールデンウィーク中だけ、XM日本人サポートセンターでお仕事をしているお姉さんと連絡をとることが不可能となっています。

個人的な意見ですが、ゴールデンウイーク中は為替相場がお休みモードということもあって、ゴールデンウイーク中の為替相場に大きな変動を望むことはできませんから、効率よくFX取引でお金を稼ぎたい人は、ゴールデンウイーク中の為替相場に参加しないほうが良いでしょう。後、ゴールデンウイーク中の為替相場、50PIPSの幅でのレンジ相場が続くので、狭いレンジでのスキャルピング取引や、狭いレンジでのデイトレードで利益をだすことがとても容易となっています。

XMにおけるクリスマスの取引時間とは?

12月24日なんかは、午前2時には、XM口座でのFX取引ができなくなってしまうので、通貨ペアポジションをクリスマス明けまで持ち越したくない人は、12月24日の午前1時ごろには、通貨ペアポジションを決済しておきましょう。そして、12月の25日になると、XM口座一日中FX取引をすることができなくなるので、12月25日はFX取引のことは忘れて、FX取引で蝕まれた精神を回復する日にしましょう。最後に、12月26日になる、16時からXM口座のFX取引をすることができますが、12月26日の午前0時~12月26日の16時まではXM口座でFX取引ができません。これらの情報を知っておくと、クリスマス前後のFX取引戦略を自分で立てやすくなります。

XMにおける年末年始の取引時間とは?

XM口座では、年末年始の12月29日、12月30日、1月1日は、24時間FX取引、CFD取引をすることが不可となっているし、12月31日は時間限定〔午前2時までの決まりがある〕でFX取引をすることが可能ですし、1月2日は、午前中の0時~16時はFX取引が不可となっているが、午前16時からFX取引をスタートすることが可能です。これらの情報を知らない人は、年末年始に通貨ペアポジション[ドル円、ユーロ円、ポンド円]の持ち越しをするmissをするが、年末年始の取引時間を知っている人は、年末年始に通貨ペアポジション[ドル円、ユーロ円、ポンド円]の持ち越しをするmissをしません。

XM口座開設はこちらから

XMにおける、世界各国の休場情報。

1.XM口座における1月1日

1月1日にXM口座でFX取引ができないのは、日本の為替市場が閉鎖していることや、海外の為替市場が閉鎖しているので、1月1日にFX取引をすることで50万円のお金を稼ぐことも不可ですし、1月1日にFX取引をして50万円の損失を出すことも不可となっています。

2.XM口座における1月2日

1月2日は、東京証券取引所がお休みかつ、スイス証券取引所がお休みとなっているので、ドル円、ユーロ円、ポンド円、スイスフラン円で30PIPS程度の値動きしか期待することができず、ドル円、ユーロ円、ポンド円、スイスフラン円で100PIPSを超える値動きを期待するのは酷といえるでしょう。ただし、1月2日の相場参加者が少ないことを狙って、1月二日仕掛け的な大暴落が起きることがあるので、無意味な損失を回避したい人は1月2日にポジションを取ることを控えたほうが良いといえます。

3.XM口座における1月3日

1月3日は、東京証券取引所がお休みということもあって、為替相場が15PIPS~30PIPSの値動きしかないので、1月3日に為替相場に参加するだけ時間が無駄と感じるFXトレーダーが大量発生しています。ただ、2019年の1月3日には、ドル円で500PIP,ユーロ円700PIPS,ポンド円1000PIPSという恐ろしい変動があったので、恐ろしい変動に巻き込まれることだけは絶対にごめんだと思っている人は、1月3日に通貨ペアのポジションを持たないほうがいいと思いますね。

4.XM口座における1月14日

1月14日は、東京証券取引所がお休みとなっていて、数分でドル円が50PIPS動くとか、数分でユーロ円が60PIPS動くとか、数分でポンド円が100PIPS動くとかがまったくないので、1月14日にFX取引をした人は一日10PIPSの利益、一日10PIPSほどの損失をだすという結末を迎えます。こういう相場に値動きがないときに、必死にXM口座の取引画面に張り付くと自分の精神が疲弊してくるだけなので、1月14日は、XM口座のFX取引をしない日にしておこう。

5.XM口座における1月21日

1月21日は、キング牧師の記念日でニューヨーク証券取引所がお休み状態になっていて、1月21日にドル円レートが1円動くとか2円動くということはありませんので、1月21日はドル円取引で大損することがないという状態でXM口座でドル円取引をすることができます。ただ、為替相場は何が起こるか誰も予測することができないという要素をもっているので、1月21日まさかのドル円3円下落ということも起こりうるということを決して忘れないようにしようね。

6.XM口座における1月28日

1月28日は、オーストラリアの祝日の日でオーストラリア証券取引所が休場状態になっているので、1月28日に豪ドル円が一日で120PIPS動いたとか、豪ドル円が一日で200PIPS動いたということが起こることもありません。だから、豪ドル円のボラに100PIPS以上のものを求めている人が1月28日に豪ドル円取引をせずに、豪ドル円以外の通貨ペアの、ポンド円、ドル円、ユーロ円取引をしてみてはいかがでしょうが。

マイナー通貨ロシアルーブルの取引がしたい。

XM口座では、マイナー通貨のロシアルーブルの取引をすることができるので、ロシアの経済状況に詳しいという自負がある人がXM口座でロシアルーブルの取引をしています。また、ロシアルーブルの夏時間の取引時間は月曜日の15時5分から始まり、金曜日の23時55分で取引が終了しますし、ロシアルーブルの冬時間の取引時間は、月曜日の16時5分から始まり、金曜日の24時55分で取引が終了します。

FX初心者うちは、通貨ペアレートが上昇する、下落する材料が出やすいドル円、ユーロ円、ポンド円のみを行うのが一番賢い選択といえるし、世界の経済状況に詳しくなり、様々な通貨ペアの値動きを読めるようになったFX取引のベテランと自分で自覚できたら、マイナー通貨ペアのロシアルーブルの取引を開始するの最適な選択なのかなと思います。

XM口座で仮想通貨取引が不可となってしまった。

iforexでは、余り値動きも期待できない仮想通貨取引をすることができますが、XMでは値動きが期待できないかつ、値動きを予測できない危険度が高い仮想通貨取引がすることができなくなったので、仮想通貨取引に手を出したくない人やFXとCFD取引に全集中をしたいと思っている人がXM口座を利用しています。僕自身も、ビットコインがいつ動き出すのか?なんてまったくわかりませんし、イーサリアムがいつ動き出すのか?ということもまったくわかりませんし、ライトコインがいつ動き出すのか?もまったく解らないので、仮想通貨取引に手を出すことはありません。じゃあ、どういう人が仮想通貨取引に手を出しているのか?というと、仮想通貨取引で大損をするリスクを背負ってでも、仮想通貨取引で億トレーダーになってやるんだという大きな大志をもった変わり者だけですね。

XMの原油/ガスの取引時間とは?

XM口座で一日500PIPS超の利益を狙っている人は、ポンド円級の値動きが期待できる原油や天然ガス取引をメインに行う傾向があり、値動きがしょうもないドル円や南アフリカランド円には一切目を向けない傾向があります。これに関して僕個人の見解をいうと、XM口座で退場をしないことを重要視するのであれば、原油/
天然ガス取引に目をくれることをやめて、ドル円取引にのみ集中するべきだけど、利益額を第一にするのであれば、大きなリスクをとって、ハイレバで原油/天然ガス取引をしていくしかない。

1.天然ガスの取引時間。

天然ガスの夏時間の取引時間は、月曜日の6時5分から天然ガスの取引をスタートさせることができ、土曜日の朝4時10分まで天然ガス取引をすることができます。また、天然ガスの冬時間の取引時間は、月曜日の7時5分から天然ガス取引をスタートさせることができ、土曜日の朝5時10分まで天然ガス取引をすることができます。

2.原油ミニの取引時間。

原油ミニの夏時間の取引時間は、月曜日の6時5分から原油ミニの取引をスタートさせることができ、土曜日の朝4時10分まで原油ミニの取引をすることができます。また、原油ミニの冬時間の取引時間は、月曜日の7時5分から原油ミニ取引をスタートさせることができ、土曜日の朝5時10分まで原油ミニ取引をすることができます。

3.原油の取引時間。

原油の夏時間の取引時間は、月曜日の6時5分から原油の取引をスタートさせることができ、土曜日の朝4時10分まで原油の取引をすることができます。また、原油の冬時間の取引時間は、月曜日の7時5分から原油取引をスタートさせることができ、土曜日の朝5時10分まで原油取引をすることができます。

4.軽油の取引時間。

軽油の夏時間の取引時間は、月曜日の8時5分から軽油の取引をスタートさせることができ、土曜日の朝4時10分まで軽油の取引をすることができます。また、軽油の冬時間の取引時間は、月曜日の9時5分から軽油取引をスタートさせることができ、土曜日の朝5時10分まで軽油取引をすることができます。

5.ブレント原油

ブレント原油の夏時間の取引時間は、月曜日の8時5分からブレント軽油の取引をスタートさせることができ、土曜日の朝4時10分までブレント軽油の取引をすることができます。また、ブレント軽油の冬時間の取引時間は、月曜日の9時5分からブレント軽油取引をスタートさせることができ、土曜日の朝5時10分までブレント軽油取引をすることができます。

金[ゴールド]、銀[シルバー]の取引時間。

金、銀レートの値動きの法則性を見つけることができ、金、銀の取引で利益を出せる人は、XM口座で金銀の取引をメインに行うべきですが、金、銀レートの法則を見つけることができず、金、銀の取引で利益を出すことができないと悩んでいる人は、XM口座で金銀の取引を行うと大損の未来しか待っていないので、XM口座で金銀の取引をするべきではない。

1.金[ゴールド]の取引時間。

金[ゴールド]の夏時間の取引時間は、月曜日の朝7時5分に金取引をスタートさせることができ、金曜日の朝5時55分まで金取引をすることができますし、金曜日の朝7時5分に、金取引を再開することができ、土曜日の朝5時50分まで金取引をすることができます。また、金[ゴールド]の冬時間の取引時間は、月曜日の朝8時5分に金取引をスタートさせることができ、金曜日の朝6時55分まで、金取引をすることができますし、金曜日の朝8時5分に金取引を再開することができ、土曜日の朝6時50分まで金取引をすることができます。

XM口座で金[ゴールド]の夏時間に朝6時から金の取引をすることができない、XM口座で金の冬時間に朝7時から金の取引をすることができない、XM口座で金の夏時間に金曜日の朝5時55分~金曜日の7時5分の間に金の取引をすることができない、XM口座で金曜日の冬時間に金曜日の朝6時55分~金曜日の朝8時5分の間に金の取引ができないのは、XM口座で大きなトラブルが起きないように、XM運営XM口座が正しく作動しているかをきちんとチェックしているから。

2.銀[シルバー]の取引時間

銀[シルバー]の夏時間の取引時間は、月曜日の朝7時5分に銀の取引が行えるようになり、金曜日の朝5時55分まで銀取引を行えますし、金曜日の朝7時5分に、銀取引を再スタートができ、土曜日の朝5時50分まで銀取引をすることができます。また、銀[シルバー]の冬時間の取引時間は、月曜日の朝8時5分に金取引をスタートさせることができ、金曜日の朝6時55分まで、銀取引をすることができますし、金曜日の朝8時5分に銀取引を再開することができ、土曜日の朝6時50分まで銀取引をすることができます。

3.パラジウムの取引時間。

パラジウムの夏時間の取引時間は、月曜日6時5分からパラジウム取引を開始することができ、土曜日5時10分にはパラジウム取引を停止することができる。また、パラジウムの冬時間は、月曜日7時5分からパラジウム取引を開始することができ、土曜日6時10分にはパラジウム取引を停止することができます。

4.プラチナの取引時間。

プラチナの夏時間の取引時間は、月曜日6時5分からプラチナ取引を開始することができ、土曜日5時10分にはプラチナ取引を停止することができる。また、プラチナの冬時間は、月曜日7時5分からプラチナ取引を開始することができ、土曜日6時10分にはプラチナ取引を停止することができます。

XM[指数]取引が行える時間帯とは?

XM口座で指数取引をする上で知っておくべきことは、指数では結構な頻度で大きなトレンドが発生することがあることや、指数取引にもレンジ相場というものが存在していることや、指数では意味不明な下落が起きることがあることや、指数で意味不明な上昇が起こることがあることなどがあります。

UK100、US100、US30、US500、USDX、GER30、JP255

UK100、US100、US30、US500、USDX、GER30、JP255 の夏時間の取引時間は、月曜日6時5分から始まり、土曜日の4時10分までとなっています。また、UK100、US100、US30、US500、USDX、GER30、JP255 の夏時間の取引時間は、月曜日の7時5分から始まり、土曜日の5時10分で終わるようになってます。

UK100、US100、US30、US500、USDX、GER30、JP255 の夏時間の取引中止時間は、4時15分~4時30分、4時55分~6時5分となっていますので、4時15分~6時5分の直後には、UK100、US100、US30、US500、USDX、GER30、JP255 のポジションを取ることだけは避けましょう。また、UK100、US100、US30、US500、USDX、GER30、JP255 の冬時間の取引中止時間は、5時15分~5時30分,5時55分~07時5分となっていますので、5時15分~7時5分の直後には、UK100、US100、US30、US500、USDX、GER30、JP255 のポジションを取ることだけは避けましょう。

FRA40、SWI20、EU50 

FRA40、SWI20、EU50の夏時間の取引時間は、月曜日14時5分から始まり、土曜日の早朝3時55分までとなっています。また、FRA40、SWI20、EU50の冬時間の取引時間は、月曜日15時5分~土曜日の早朝4時55分までとなっています。それと、FRA40、SWI20、EU50の夏時間の取引中止時間は、3時55分~14時5分となっていますし、FRA40、SWI20、EU50の冬時間の取引中止時間は、4時55分~15時5分となっています。

SING

SINGの夏時間/冬時間の取引時間は、月曜日の朝9時35分~土曜日の朝5時40分となっています。また、SINGの夏時間/冬時間取引中止時間は、月曜日~金曜日の18時5分~18時45分,5時40分~9時35分までとなっています。

AUS200,CHI50、HK50

AUS200の夏時間/冬時間の取引時間は、月曜日午前7時55分~土曜日朝4時10分となっています。また、AUS200の夏時間の取引停止時間は、月曜日~金曜日14時25分~15時15分までとなっていますし、AUS200の冬時間の取引停止時間は、月曜日~金曜日14時25分~15時10分までとなっています。

CHI50の夏時間/冬時間の取引時間は、月曜日午前10時5分~土曜日午前5時10分となっています。また、CHI50の夏時間/冬時間の取引停止時間は、月曜日~金曜日の17時25分~18時5分,月曜日~金曜日5時10分~10時5分となっています。

HK50の夏時間/冬時間の取引時間は,月曜日10時20分~土曜日朝1時55分までとなっています。また、HK50夏時間/冬時間の取引停止時間は月曜日~金曜日12時55分~14時5分、月曜日17時25分~18時20分までとなっています。

商品の取引時間。

商品取引[コーヒーやコーンや砂糖]をする上で気をつけることは、適当にコーンやコーヒーをハイレバトレードをしないことや、コーヒーやコーンのポジションを取った直後ストップ注文をいれることや、明らかに買われすぎ水準でコーヒー買いのポジションを保有しないこと、明らかに売られすぎ水準でコーヒー売りのポジションを保有しないことなどがあります。

ココア

ココアの夏時間の取引時間は、月曜日16時50分~土曜日朝1時25分で、夏時間に取引できない時間は月曜日~金曜日の1時25分~16時50分となっています。また、ココアの冬時間の取引時間は、月曜日17時50分~土曜日朝2時25分で、冬時間に取引できない時間は、月曜日~金曜日の2時25分~17時50分となっています。

コーヒー

コーヒーの夏時間の取引時間は、月曜日16時20分~土曜日朝1時25分で、夏時間に取引できない時間は月曜日~金曜日の1時25分~16時20分、2時10分~8時5分となっています。また、コーヒーの冬時間の取引時間は、月曜日17時20分~土曜日朝2時25分で、冬時間に取引できない時間は、月曜日~金曜日の2時25分~17時20分となっています。

コーン、SBEAN、WHEAT

コーンSBEAN、WHEATの夏時間の取引時間は、月曜日8時05分~土曜日朝2時10分で、夏時間に取引できない時間は月曜日~金曜日の20時40分~21時35分、2時10分~8時5分となっています。また、コーンSBEAN、WHEAT,の冬時間の取引時間は、月曜日9時05分~土曜日朝3時10分で、冬時間に取引できない時間は、月曜日~金曜日の21時40分~22時35分,3時10分~09時5分となっています。

COTTO

COTTOの夏時間の取引時間は、月曜日9時5分~土曜日2時15分で、夏時間に取引できない時間は、月曜日~金曜日2時15分~9時5分となっています。また、COTTOの冬時間の取引時間は、月曜日10時5分~土曜日3時15分で、冬時間に取引時できない時間は、月曜日~金曜日3時15分~10時5分となっています。

HGCOP

HGCOPの夏時間の取引時間は、月曜日6時5分~土曜日4時10分、夏時間に取引できない時間は月曜日~金曜日4時55分~6時5分となっています。また、HGCOPの冬時間の取引時間は、月曜日7時5分~土曜日5時10分、冬時間に取引できない時間は、月曜日~金曜部5時55分~7時5分となっています。

砂糖

砂糖の夏時間の取引時間は、月曜日15時35分~土曜日0時55分、夏時間に取引できない時間は月曜日~金曜日0時55分~15時35分となっています。また、砂糖の冬時間は、月曜日16時35分~土曜日1時間55分、冬時間に取引できない時間は、月曜日~金曜日1時55分~16時35分となっています。

XMの取引時間でおすすめなのは早朝。

XM(XM Trading)口座でのFX取引で、大きな損失を出さないようにするのであれば、10PIPS~30PIPSの値動きしか期待できない早朝にスキャルピングをすることを徹底するべきなんだけど、一日で100PIPSほしい気持ちを自分で押さえ込むことができずに、夜の100PIPS以上の値動きが狙えるときにスキャルピング取引をしてしまいます。まあ、XM口座で早朝でのスキャルピングでも、ハイレバと損切りしないをやってしまうと、ゼロカットの発動で自身のXM口座残高が0円になるし、深夜のスキャルピングでも、低レバと損切りができるをやれば、XM口座残高を2割、3割増しにできる。

早朝の日本の経済指標がすこぶる良い数値がでているのであれば、ドル円買いのポジションを保有後、ストップ注文10PIPS,リミット注文20PIPSを入れ、早朝の日本の経済指標がすこぶる悪い数値がでているのであれば、ドル売りのポジションを保有後、ストップ注文10PIPS、リミット注文20PIPSをいれよう。それ以外にも、早朝の中国の経済指標でかなり良い数値が出ているのであれば、ドル円買いのポジションを保有後、ストップ注文10PIPS,リミット注文20PIPSを入れ、早朝の中国の経済指標でかなり悪い数値がでているのであれば、ドル円売りのポジションを保有後、ストップ注文10PIPS、リミット注文20PIPSをいれよう。これらのことをやれば、ドル円取引でさくっと利益がだせます。

XMの取引時間でおすすめなのは、昼間。

昼間[11時から16時]は、レンジ相場が起こることが多いので、レンジ内でのスキャルピングで50PIPS以上荒稼ぎすることができるから、毎日リスクを低めに50PIPSの利益を得たい人は、昼間の時間にXM口座で、レバ100倍ほどでスキャルピング取引をすることをおすすめします。これだけはいっておきたいのは、昼間にXM口座でスキャルピング取引をするときに、精神的につかれたからスキャルピングしたくないと感じたら、即刻スキャルピング取引をやめるべきだし、今エントリーしたら悲惨なことになると感じたら、スキャルピング取引をやめよう。

ドイツ、EU、フランス、イタリアの経済指標の数値がこれはかなり悪いと判断できるかつ、ユーロ円に上昇する見込みが0であれば、ユーロ円売りのポジションを保有後、ストップ20PIPS、リミット50PIPSを入れることを実行する、ドイツ、EU、フランス、イタリアの経済指標の数値がこれはかなり良いと判断できるかつ、ユーロ円に上昇する見込みがあるのであれば、ユーロ円買いのポジションを保有して、ストップ20PIPS,リミット50PIPSを入れよう。

XM取引時間でおすすめなのは、夜10時ごろ。

夜10時ごろは、たった30分で通貨ペアレートが50PIPS~200PIPS変動するので、超短時間で150PIPSもの利益を得ることができるから、毎日最低でも30PIPS,毎日最大でも200PIPSの利益がほしい人は、XM口座で、夜10時~朝3時まで、スキャルピング取引やデイトレードをすることをおすすめします。これだけは行っておきたいことは、通貨ペアレートの変動が大きい=通貨ペアレートでそれなりの幅のPIPSで損失を出す可能性があるから、損失額を抑えたいトレーダーは、損切りラインに達したら、FX取引で利益を出す未練を捨てて、自分の通貨ペアポジションをロスカットしよう。

米国の経済指標が発表される21時30分~24時に、XM口座でのスキャルピング取引で利益を発生させるには、米国の重要度が高い経済指標の数字が半端がないほど悪ければドル円売りのポジションを保有し、ストップ注文10PIPS,リミット注文30PIPSを入れる、米国の重要度が低い経済指標の数字が半端なく悪ければ、ドル売りのポジションを保有し、ストップ注文10PIPS、リミット注文20PIPSを入れる、米国の重要度が高い経済指標の数値が半端な良ければ、ドル円買いのポジションを保有し、ストップ注文10PIPS、リミット注文30PIPSをいれる、米国の重要度が低い経済指標の数値が半端なく良ければ、ドル円売りのポジションを保有し、ストップ注文10PIPS,リミット注文20PIPSをいれる。これらのことを実行するすれば、ドル円取引で利益がだせる。

XM口座開設はいつでもできる。

正月だろうが、クリスマスだろうが、土日だろうが、XM口座開設はいつでもすることができるので、XM口座開設をしたいと思った人は、自分がXM口座開設をしたいと思ったタイミングでXM口座を開設しよう。このXMスタンダード口座[最大レバレッジ888倍、追証なしゼロカットシステムあり]を初回開設をした人は、XM口座開設ボーナス3000円、XM100%入金ボーナスの特典を無料で手に入れることができます。また、XMゼロ口座[最大レバレッジ500倍]を初回開設した人は、XM口座開設ボーナス3000円だけ、XMマイクロ口座[1000通貨取引ができる]を初回開設した人は、XM口座開設ボーナス3000円、XM100%入金ボーナスの特典の二つが手に入ります。

XM口座開設はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする