XMでスキャル/スキャルピングの情報。

0.1PIPS~3PIPSの値幅でスキャル/スキャルピングをするのであれば、スプレッドが1PIPS前半のXMZERO口座を使うのが得策ですが、20PIPS~40PIPSの値幅でスキャル/スキャルピングをするのであれば、ドル円スプレッドが2.0PIPS以内で固定されているXMスタンダード口座/XMマイクロ口座を使うのが得策。それと、スキャル/スキャルピング取引に適したXM口座を開設すると、XM口座開設ボーナスとXM100%入金ボーナスを受け取る権利の二つがゲットできる。

XM口座での0.1PIPS~3PIPSの値幅を狙うスキャルピング取引は、スキャルピング取引でたまたま利益がだせたとか、スキャルピング取引で勝ち逃げできたとかいう結果をだすことができるので、XM口座で大損を出したくない人におすすめです。それと比較して、XM口座20PIPS~40PIPSの値幅を狙うスキャルピング取引では、予想外に60PIPSの利益確定ができてしまったとか、スキャルピング取引で60PIPSの損失をだしたということがあるので、爆益と大損の表裏一体の環境を望む人におすすめです。今回は、XMでスキャル/スキャルピングの情報にさくっと触れていきますね。

XMでスキャル/スキャルピングをしたということが理由で、XM口座が凍結されません。

日本のスプレッドが狭いくらいしか良い部分がないFX口座だと、一分以内のスキャル/スキャルピング取引で300PIPSの利益をだしたとか、10分以内のスキャル/スキャルピング取引で累計2000PIPSの利益をだすと、FX口座が凍結されて、FX口座で資金の出金拒否がおこります。それと比較して、スプレッドが狭いこと、約定力に定評があること、口座開設ボーナス3000円があること、100パーセント入金ボーナスがあることなどの良さがあるXM口座では、10分以内スキャル/ピング取引で2000PIPSの利益をだしても、FX口座が凍結されることもないし、FX口座から資金を出金可能です。ただし、XM口座と競合他社の海外FX口座〔追証なし、ゼロカットシステムあり〕での両建てスキャルピングで利益を出したりすると、XM口座が凍結され、XM口座で出金拒否が起こります。

XMでスキャルピングの違反行為をしていないのに、XM口座が凍結されることも。

XMにログインもしていないし、入金額0円のXM口座でスキャルピング取引を一切していないのに、XM口座が凍結されてしまっているんだけどという発言をする人がいますという人に対する回答は、XM口座は90日間、残高0円のXM口座を使わないとXM口座が凍結される仕様であるとなっていますね。

XMにログインしていないし、50万円のXM口座でスキャルピングと取引を一切していないのに、XM口座から毎月5ドルも金がひかれているぞという発言をする人に対する回答は、XM口座は、90日間、残高があるXM口座を使わないと、XM口座から毎月5ドル差し引かれる仕様になっています。

XMスキャルピング 難しいという意見。

そもそも日本のFX口座でスキャルピング取引で利益を出すことが難しいという事実がある以上、XM口座でスキャルピング取引をして、利益を出すが難しいという事実を揺るがすことはできません。これを受け入れられたXM口座利用者は、全てのスキャルピング取引で利益を出すことを諦め、一年間のトータルでスキャルピング取引で利益を出すという思考にシフトします。

XMでスキャル/スキャルピング手法の情報。

1.経済指標スキャルピングが主流。

XM口座でスキャル/スキャルピングをする人は、一度に30PIPS~100PIPSの利益が見込める経済指標スキャルピングをする傾向があります。この経済指標スキャルピングとは、経済指標の数値を予測して、スキャルピングをしたり、経済指標の数値をみてからスキャルピングするものとなっています。

経済指標スキャルピングで利益確定できる回数を増やしたいのであれば、経済指標スキャルピングで損失を出したくないといったマイナスの感情を捨てて...

2.ハイレバスキャルピングが主流。

XM口座でスキャル/スキャルピングをする人は、レバレッジ100倍超えでスキャルピングをするというハイレバスキャルピングをする傾向があります。このXM口座でのハイレバスキャルピングで、10PIPS~40PIPSの利益確定を15回連続成功させれば億トレーダーの仲間入りですが、10PIPS~40PIPSのロスカットを二回するとXM口座残高が0円に。

3. 良い材料が出た方向に通貨ペアポジションを取るスキャルピング/悪い材料が出た方向に通貨ペアポジションを取るスキャルピング。

XM口座でスキャル/スキャルピング取引をしている人は、米国関連で良い材料が出たら、ドル円買いのポジションを取り、米国関連で悪い材料がでたら、ドル円売りのポジションを取るというスキャルピング取引をする傾向があります。このシンプルなことを実行できる人のみがXM口座でスキャルピング取引で一ヶ月300PIPS獲得、一年で3600PIPS獲得という結果が残せます。

4.レンジ相場の日のみ、スキャルピングが主流。

XM口座でスキャル/スキャルピング取引をしている人は、レンジ相場の日のみ、スキャルピング取引をすることで、スキャルピング取引の最大損失を抑え、スキャルピング取引で利益がでる確率を大幅に上昇させることができています。

XM口座開設はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする