XMゼロ〔ZERO〕口座の情報。

海外FX口座のドル円スプレッドが広すぎて、スキャルピングどころじゃないとか、海外FXのポンド円スプレッドが広すぎて、ポンド円のポジションを取ることを躊躇するレベルとか、海外FXのカナダドル&NZドル円のスプレッド3PIPS超えているとか俺にFX取引で利益出させる気ないだろとかいう感情を抱いている人は、スプレッドが広い海外FX口座でスキャルピングをすることに見切りをつけて、スプレッドが狭いことが話題のXMゼロ口座の口座を開設しよう。このXMゼロ(ZERO)口座を使えば、スプレッドが3.0以上という理不尽極まりない環境で通貨ペア取引を強いられることもなく、スプレッド2.0を下回るというスキャルピングに適した環境で通貨ペア取引をすることが可能になる。しかも、XMゼロ〔ZERO〕口座は、強制ロスカットシステムもあるし、ゼロカットシステムもあり、XMゼロ(ZERO)口座利用者の資金を守る仕組みが出来上がっている。それと、XMゼロ〔ZERO〕口座を人生初開設すると、XM口座開設ボーナス3000円が自身のゼロ〔ZERO〕口座に付与される。ということで、XMゼロ〔ZERO〕口座の情報。に触れていきますね。

XMゼロ〔ZERO〕口座のスプレッド情報。

XMゼロ〔ZERO〕口座の総取引コストは、通貨ペアのスプレッドと取引手数料1.0PIPSとなっており、通貨ペアの総取引コストのPIPSは、1.1PIPS~2.1PIPSの幅で収まっています。それと比較して、XMスタンダード口座の総取引コストは、取引手数料が一切かからない仕組みとなっており、通貨ペアの総取引コストのPIPSは、2.0PIPS~5.4PIPSとなっています。これら二つの情報から出た結論は、取引コストを抑えたいならば、XMZero口座を開設するべきだし、取引コストよりも入金ボーナスを優先するなら、XMスタンダード口座を開設するべし。

ドル円〔XMゼロ口座〕

XMゼロ〔ZERO〕口座のドル円スプレッドは0.1PIPS,ドル円の取引手数料が1.0PIPSで、ドル円の総取引コストは1.1PIPSとなっています。このときに、ドル円で0.1ロット〔1万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は1.1PIPS×100円の110円、ドル円1ロット〔10万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、1.1PIPS×1000円の1100円、ドル円10ロット〔100万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は1.1PIPS×10000円の11000円、ドル円100ロット〔1000万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、1.1PIPS×100000円の110000円となっています。

ユーロ円〔XMゼロ口座〕

XMゼロ〔ZERO〕口座のユーロ円スプレッドは0.6PIPS、の取引手数料が1.0PIPSで、ユーロ円の総コストは1.6PIPSとなっています。このときに、ユーロ円で0.1ロット〔1万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は1.6PIPS×100円の160円、ユーロ円1ロット〔10万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、1.6PIPS×1000円の1600円、ユーロ円10ロット〔100万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は1.6PIPS×10000円の16000円、ユーロ円100ロット〔1000万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、1.6PIPS×100000円の160000円となっています。

ポンド円/カナダドル円〔XMゼロ口座〕

XMゼロ〔ZERO〕口座のポンド円/カナダドル円スプレッドは1.1PIPS、の取引手数料が1.0PIPSで、ポンド円/カナダドル円の総コストは2.1PIPSとなっています。このときに、ポンド円/カナダドル円で0.1ロット〔1万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は2.1PIPS×100円の210円、ポンド円/カナダドル円1ロット〔10万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、2.1PIPS×1000円の2100円、ポンド円/カナダドル円10ロット〔100万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は2.1PIPS×10000円の21000円、ポンド円/カナダドル円100ロット〔1000万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、2.1PIPS×100000円の210000円となっています。

豪ドル円〔XMゼロ口座〕

XMゼロ〔ZERO〕口座の豪ドル円スプレッドは1.0PIPS、の取引手数料が1.0PIPSで、豪ドル円の総コストは2.0PIPSとなっています。このときに、豪ドル円で0.1ロット〔1万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は2.0PIPS×100円の200円、豪ドル円1ロット〔10万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、2.0PIPS×1000円の2000円、豪ドル円10ロット〔100万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は2.0PIPS×10000円の20000円、豪ドル円100ロット〔1000万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、2.0PIPS×100000円の200000円となっています。

NZドル円〔XMゼロ口座〕

XMゼロ〔ZERO〕口座のNZドル円スプレッドは1.2PIPS、の取引手数料が1.0PIPSで、NZドル円の総コストは2.2PIPSとなっています。このときに、NZドル円で0.1ロット〔1万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は2.2PIPS×100円の220円、NZドル円1ロット〔10万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、2.2PIPS×1000円の2200円、NZドル円10ロット〔100万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は2.2PIPS×10000円の22000円、NZドル円100ロット〔1000万通貨〕を保有するときにかかる総取引コストの金額は、2.2PIPS×100000円の220000円となっています。

 XMゼロ〔ZERO〕口座の強制ロスカット/追証なしゼロカットあり情報。

XMゼロ〔ZERO〕口座&XMスタンダード口座&XMマイクロ口座では、20%強制ロスカットシステムがあることから、為替相場で余程のことがおきても、XM口座残高の2割は残すことができます。また、XMの3種の口座タイプの全部に、追証なしゼロカットシステムがあるので、追証という余計な心配をすることなく、XM口座でFX取引活動に取り組むことができます。

1.タイタンFXの強制ロスカットも20%

タイタンFXの強制ロスカットも20%となっていることから、強制ロスカットラインが低めにしておきたいと感じているFX専業トレーダーは、タイタンFX口座を開設する傾向があります。それと、タイタンFXは、海外FX業者指折りの低スプレッドを扱えるし、追証なしゼロカットシステムがあります。

2.GemForexの強制ロスカットも20%

GemForexの強制ロスカットも20%となっていることから、強制ロスカットがないと心配だけど強制ロスカットラインが高いのも困ると感じているFX兼業トレーダーは、GemForex口座を開設しています。それと、GemForex口座開設ボーナス2万円キャンペーンをやってるときに、GemForexスタンダード口座、GemForexノースプレッド口座を初回開設すると、GemForex2万円口座開設ボーナスが手に入ります。

3.トレードビューの強制ロスカットは100%

トレードビューの強制ロスカットは100%となっていることから、自己資金の維持することが最重要事項だと思い込んでいるFX専業トレーダーは、トレードビュー口座を開設しています。それと、トレードビューは、最大レバレッジ200倍までとなっているので、レバレッジ25倍~レバレッジ100倍のFX取引をする人にこそ、トレードビュー口座は超おすすめです。

4.iforexには強制ロスカットシステムがない。

iforexには、強制ロスカットシステムがなし、追証なしゼロカットシステムありとなっていることから、iforex口座残高0円になるまで、自分のドル円ポジションを保有してやるぞという強い大志をもっている人がiforex口座を使っています。それと、iforex口座は、最大レバレッジ400倍までという決まりがあるので、レバレッジ5倍~レバレッジ200倍のFX取引をする人にこそ、iforex口座はおすすめです。

5.一番重要なことは強制ロスカットが起る前に自分でロスカットをすること。

海外FXトレーダーが、何度も強制ロスカットを発動させ、何度も自己資金を2割までへらしていては、いつまでたっても、海外FX口座で億トレーダーになるという夢をかなえられません。では、何をすればいいのか?は、海外FX口座の損失が自己資金の1割になったところでロスカットして、自己資金の損失を1割に抑えるようにすれば、3年~4年ほどで、海外FX口座で億トレーダーになることができます。

XMゼロ〔ZERO〕口座のレバレッジ情報。

1.最大レバレッジ500倍の場合。

XMゼロ〔ZERO〕口座で、最大レバレッジ500倍利用可に当てはまる人は、XMゼロ〔ZERO〕口座残高が200万円を下回っている条件を満たしていることとなっていますので、どんないかなる状況でもレバレッジ500倍を利用したい人は、XMゼロ〔ZERO〕口座残高を200万円以下にしておくこと。また、XMゼロ〔ZERO〕口座でのハイレバギャンブルの成功で、XMゼロ口座残高が200万円から500万円になってしまったら、500万円残高のXMゼロ口座から400万円を出金して、XMゼロ口座残高を100万円の状態にしておこう。

2.最大レバレッジ200倍の場合。

XMゼロ口座で最大レバレッジ200倍利用可に当てはまる人は、XMゼロ〔ZERO〕口座残高が1000万円以下200万円以上の条件を満たしていることとなっていますので、どんないかなる状況でも最大レバレッジ200倍以上のレバレッジを使いたくない人は、XMゼロ口座残高を1000万円以下200万円以上にしておくこと。また、XMゼロ口座でのレバレッジ200倍のスキャルピング取引の大成功で、XMゼロ口座残高が400万円から1200万円になってしまったときに発動するレバレッジ100倍制限を回避するには、1200万円残高のXMゼロ口座残高から700万円を出金して、XMゼロ口座残高を500万円の状態にしようね。

3.最大レバレッジ100倍の場合。

XMゼロ口座で最大レバレッジ100倍利用可に当てはまる人は、XMゼロ〔ZERO〕口座残高が1000万以上の条件を満たしていることとなっているので、どんないかなる状況でも最大レバレッジ100倍以上のレバレッジを使いたくない人は、XMゼロ口座残高を1000万円以上にしておくこと。

4.どの海外FX口座を使うのがベストなのか?

資金力に関係なく、常時レバレッジ400倍を使いたいなと感じている人はiforex口座を使うべきだし、資金200万円以下で常時レバレッジ888倍を使いたい人はXMスタンダード口座を使うべきだし、資金100万円以下で常時レバレッジ1000倍を使うぞという人はGemForex口座を使うべきだし、資金50万円以下でレバレッジ555倍を使いたいなと思っている人はBIGBOSS口座を使うべきだし、スプレッドが狭い環境でのレバレッジ500倍のFX取引をしたい人は、XMゼロ〔ZERO〕口座を使うべきです。

XMゼロ〔ZERO〕口座のボーナス情報。

XMゼロ〔ZERO〕口座は、全ての通貨ペアのスプレッドが狭いというメリットを得られる代わりに、XM口座開設ボーナス3000円オンリーの特典しかありません。それと、XMスタンダード/マイクロ口座は、スプレッドがBIGBOSSやiforexと同水準である代わりに、XM口座開設ボーナス、XM100%入金ボーナス、XMポイントのスペシャルな特典が存在しています。

1.iforex口座のボーナス情報。

XMのZero口座にも口座開設ボーナスがあるんだから、iforex口座にも口座開設ボーナスがあるに決まってんだろと思い込んでいる人もいますが、iforex口座には、口座開設ボーナスはなく、100 %トレーディングチケットと10%トレーディングチケットしかありません。

2.bigbossのボーナス情報。

XMのZero口座にも、口座開設ボーナスがあるってことはだよ、BIGBOSSにも口座開設ボーナスがあるに決まっていると思っている方もいますが、BIGBOSS口座は基本的には、口座開設ボーナスはなく、100%入金ボーナスと取引量ボーナスの二つが存在しています。それと、BIGBOSSは、稀にBIGBOSS5000円口座開設ボーナスキャンペーンをやっています。

3.タイタンFXのボーナス情報。

スプレッドが狭いXMZero口座でも口座開設ボーナスをやっているんだから、スプレッドが狭いと話題沸騰中のタイタンFXも口座開設ボーナス3000円のキャンペーンやってるしょと思い込んでいる人もいます。ところがどっこい、タイタンFXは、口座開設ボーナス、取引量ボーナス、入金ボーナスの何一つの特典がないんですよねー。

4.GemForexのボーナス情報。

スプレッドが狭いし、最大レバレッジ500倍のXMZero口座でも、口座開設ボーナス3000円をやってるんだから、レバレッジ1000倍と低スプレッドの二刀流で有名なGemForexも口座開設ボーナス3000円のキャンペーンやってるしょと思い込んでいる人もいます。ところがどっこい、GemForexは、一年に何十回も、GemForex2万円口座開設ボーナス、GemForex1万円口座開設キャンペーンを開催しています。

5.トレードビューのボーナス情報。

適度な低スプレッドのスキャルピングが可能なXMZero口座でも、口座開設ボーナス3000円を提供しているんだからさ、滑りがないことで知名度があるし、レバレッジ200倍の二刀流のトレードビューなら、多種多様なボーナス特典があるでしょと思い込んでいる人もいます。ところがどっこい、トレードビューは、口座開設ボーナスもなし、取引量ボーナスもなし、入金ボーナスもなし。

XM口座開設はこちらから

XM口座開設方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする